Leofoto BV-10

107
Leofotoギア雲台 ”G4”とGITZOシステマティック三脚4型GT4552GTS

物撮りなどに使用しているGITZOシステマティック三脚4型”GT4552GTS”に付いているギア雲台(Leofoto ”G4”)をビデオ雲台に交換して、長玉での撮影で使用することを思い立った。そこでLeofot”BV-10”を購入して早速に取り付けてみたよ~~~(*^o^*)

ビデオアダプター”GS3321V75”

まずはエレベータを取っ払い、そこにハーフボールの受け皿であるビデオアダプター”GS3321V75”を取り付けます。

75mmハーフボール”520BALL”

ハーフボールはGITZO製ではなくお値段がお安いマンフロット製の75mmハーフボール”520BALL”を使用します。ビデオアダプターはGITZO製でメーカーはバラバラですがシステムを組めるのはなかなか良いですよね~~~😃 トップにハーフボールを取り付けて、ハーフボールの下にあるグリップを緩めるとハーフボールが左右にクルクル動き水平が瞬時にとれます。凄いものですよね( ・_・;)

ビデオ雲台 Leofot”BV-10”

最後にビデオ雲台Leofoto”BV-10”を取り付けて完成です\(^O^)/ 三脚GITZO レベラーマンフロット 雲台Leofotoとなんとも摩訶不思議な😂バラバラのメーカーで構成されたビデオ三脚ができました。

NIKON D5とSIGMA 60-600mm

早速NIKON D5にSIGMA 60-600mmを付けて雲台の乗せてみました。カウンターバランスの調整も出来、レンズを水平・上向き・下向きと動かしても問題なく止めたい角度でスパッと止まり使い心地は最高ですね!!

では来週実戦投入と参りますか~~~😃 しかし三脚自体が馬鹿でかいので徒歩での持ち運びは???ですね。

フィールド用にレベリングベース付きのLeofoto”LS324CX”が欲しくなりました・・・😢

記事一覧

shigemi otsu

1965年福岡県生まれ。中学時代から写真に興味をもちはじめ初めてカメラを手にする。高校生のときには植田正治に憧れて鳥取砂丘などを撮影し「まほろば」として現在も作品としている。1980年エンジニアとして旭硝...

関連記事