大福梅

29

昨日、北野天満宮に行くと境内に梅が干してあった😲 これは何だろうと思い思わず調べたよ!!

2020年8月20日 北野天満宮境内にて

大福梅とは?

北野天満宮では古くからお正月の縁起物として「大福梅」が12月に授与されます。北野天満宮の梅は天神さまのご利益があるとされ、その境内の梅で作られた大福梅は、お正月の縁起物としてとても人気があるそうです。

大福梅は境内の梅の実が毎年5~6月頃に収穫され、塩漬けした後天日干しされます。天日干しが始まるのは、例年梅雨明けの7月頃で「大福梅」の土用干しと呼ばれます。北野天満宮の神職や巫女、職員などが総出で作業し作られる大福梅は、例年3万袋が用意されるそうです。

京都ご利益..com

なるほどね・・・ 

こんどは梅の実を干す時を写真に撮りたいものだと思った夏の日の発見でした☀️☀️☀️☀️

記事一覧

shigemi otsu

1965年福岡県生まれ。中学時代から写真に興味をもちはじめ初めてカメラを手にする。高校生のときには植田正治に憧れて鳥取砂丘などを撮影し「まほろば」として現在も作品としている。1980年エンジニアとして旭硝...

関連記事