コロナ禍・・・なんて読む?

51
2010年8月の廃墟

「コロナ禍」は「ころなか」と読み、「コロナウイルスによってもたらされる不幸」という意味だそうだ。

「禍」は訓読みでは「まが」や「わざわい」という読み方がありますが、音読みでは上記のように「か」と読みます。また「禍」という言葉は「よくないこと」や「悪いこと」、「災い」や「不幸せ」といった意味だそうだ。

さてさてこの禍(災い)・・・いつまで続くのやら

人類が滅びないためにも外出は考えていきたいですね・・・(; ;)ホロホロ

記事一覧

shigemi otsu

1965年福岡県生まれ。中学時代から写真に興味をもちはじめ初めてカメラを手にする。高校生のときには植田正治に憧れて鳥取砂丘などを撮影し「まほろば」として現在も作品としている。1980年エンジニアとして旭硝...

関連記事