本邦初鉄筋混凝土橋

26
第11号橋「日本初の鉄筋コンクリート橋」

大津市の琵琶湖取水口から山科~蹴上を経て京都市内に至る琵琶湖第一疏水。第3墜道入口の手前東側に架けられた、幅員1.5m、長さ7.3mの孤形桁橋 11号橋。1903年(明治36年)7月に竣工。当時は鉄筋が手に入らないので、疎水工事に使われたトロッコのレールが使われ、その痕跡は今でも見ることができる。

ということで11号橋にやってきた!!

この付近に小学校5年から中学まで住んでいてよく遊んでいた場所でした。

まさかこれが日本初の鉄筋コンクリート橋だったとは・・・

そして11号橋から第3トンネルを見てみる。

良い感じの古いトンネルです

疎水パトロールでした~~~♬

記事一覧

shigemi otsu

1965年福岡県生まれ。中学時代から写真に興味をもちはじめ初めてカメラを手にする。高校生のときには植田正治に憧れて鳥取砂丘などを撮影し「まほろば」として現在も作品としている。1980年エンジニアとして旭硝...

関連記事