正午をお伝えします

21
2020年8月25日 長谷寺

長谷寺の回廊を汗だく💦でやっとのおもいで登り終えたとき・・・

鐘の音の後に法螺貝の音が聞こえてきた。

ふと音のする方を見ると鐘楼の上で、時を知らせるためにお坊さんが法螺貝を吹いていた。

早朝6時と正午には、法螺貝と鐘楼の鐘の音を聞くことができるそうだ。

千年の昔から絶えることなく続く、長谷寺の習わしだそうです。

記事一覧

shigemi otsu

1965年福岡県生まれ。中学時代から写真に興味をもちはじめ初めてカメラを手にする。高校生のときには植田正治に憧れて鳥取砂丘などを撮影し「まほろば」として現在も作品としている。1980年エンジニアとして旭硝...

関連記事